読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5/13 ジャニーズ銀座 C公演 Love-tune【 1 】

 

 

 

「ジャニーズ銀座 2017」

友達から前からちょくちょく話は聞いていました…。

 

 

「クリエはすごい。やばい。自分の好きな子たちしか出ない、Jr.担にとって年に1度のお祭りだよ!」

 

 

 

お祭りならこの前やったじゃん?「Jr.祭り」

 

 

 

 

行ってきましたが、「Jr.祭り」とは訳が違う… 。

距離の近さにまず驚いたし、ヲタクたちの気合いの入り方というか…

そういうところから全然違うなと思いました。

 

 

 

私はクリエ公演に初めて参加したので、以前顕嵐くんが出た公演の雰囲気がどういうものだったっていうのも分からないので、他と比べて感想を言うことは出来ないんですけど、

 

とりあえず言えるのは、ヲタクたちすごい。

 

Love-tuneのみんなとヲタクたち、本当に友達なんじゃないの!?

みたいな錯覚に陥る…(安井くんも言ってたけど)

 

みなさんノリがよろしい!!!

 

なんか悪ノリとかじゃなくてめっちゃ愛あるの…

すんごい泣きそうだった…。

 

あと、みんな話を聞いてる時にもちろんリアクションするし、「キャー!!!」っていう悲鳴も聞こえるんだけど、みんなしっかりとメンバーの話を聞いて、「うんうん」って頷いてて、笑ってて…

当たり前のことかもしれないけど、すっごく素敵な空間だった…。

私語してる人とかもいなかったなぁと…。

 

 

 

すごく居心地のよくて、素直にライブを楽しめました。

 

 

 

 

 

1曲ずつ感想を書こうかな…!!

(ちなみに私はセトリ把握してから行ってきました!)

 

 

 

 

 

 

1.   OP

OPの最初の方がスマイレージの「有頂天LOVE」みたいだった…!!!

という感想は置いておいて…。

これは萩ちゃんが作ったのかな…!?

すごいゾクゾクした!本番始まる前、心臓の音が自分でも聞こえるくらい緊張してたんだけど、もうそういうの吹っ飛んでライブモードにしてくれたというか…かっこいい!

 

 

 

2.   CALL

何十回も聞いてるけど、やっぱり生で聴くとテンションあがる。好きな曲。

「Hey!」って言うのも楽しい。

踊ってる顕嵐くんを見た瞬間、「やっぱり好きだ」っていう気持ちが溢れてきて泣きそうでした。

「フゥウッ」って煽る顕嵐くんかっこよかったし、最後に「Bring it Now!」って叫ぶところゾクゾクしたぁ…。

 

 

 

3.   レスキューレスキュー

最初の顕嵐くんのソロのとき、萩ちゃんの後ろに立って歌うんだけど、萩ちゃんがドラム叩きながら仰け反って後ろにいる顕嵐くんのこと見ようとしてて、「はぎあらぁ…あるはるぅ…」って思いました…。

 

 

 

4.   Keep the faith

「俺たちと一緒に声出そうぜ~!」っていう顕嵐くん、本当にかっこいい!

最後にみんなでペンライト回すのとか、みんなで作ってる感じして好きだなぁ。

 

 

 

5.   自分のために

曲前にC&R楽しい!!!

安井くんが「みんないい?いくよ!もっと声出せるよね!?」って言ってくれるのとか、なんかもう好きすぎた。

顕嵐くんもお客さんが頑張って歌うのを優しく見守ってて(;▽;)

メンバーが楽しそうで…それ見てこっちも幸せだったよ。

 

 

 

6.   MC

・萩ちゃんのパートリーダーのくだりw

・モロが「なぁみんな~!?」ってくだりやろうとしたんだけど、ちょっとグダグダになっちゃってツッコミ受けてたなw

・「顕嵐どう?」って聞かれて「今曇って後ろの方見えない!最高です!」って答える顕嵐くんどした!!!w

ちょっと、はて?ってなったよ!?w

・真田「3キロ痩せるぞ~!」「いぇーい!」

安井「二の腕の肉落とすぞ~!」「いぇーい!」

って楽しかった!笑った!

 

 

 

7.   和コーナー

・萩谷&諸星

モロが太鼓を1人で叩くところから始まるんだけど、1本バチが折れちゃって予備を取り出してたら、もう片方も折れちゃって、また予備を取って…ってなってたんだけど、本当に感動した…。モロの気合い凄かったんだなぁって(TT)

萩ちゃんのドラムは安定に素敵でした!

 

・真田&森田

最初美勇人くん1人で出てきて踊るんだけど、腕、手を使ったダンスで素敵だったし、腕の細さがもうすごい。

さなぴも衣装がよく似合ってて、大人の男の色気出てたよ…。

 

・顕嵐&長妻

顕嵐くんが刀持って出て来た瞬間、死んだなって思った(TT)

あんなに綺麗なお顔で、肌白くて、細くて…そんな子に、あんな胸はだけてる衣装、そして刀なんて…美の暴力だよ…。

怜央との殺陣もすごく良かった。

刀の顕嵐くんに対して、己の体一つで立ち向かう怜央かっこよかった。

 

・安井

上に立って、傘さして、お面して…

お面を取ったらあざといフェイス…色っぽい。

確信犯ですよね、彼はいつも。そんなところが本当に素敵。

耳かけしてくるところとか、分かってるなぁと、上からだけど勝手に思いました。

 

 

 

8.   MOON

これほんと大変だった…。艶っぽい…。

顕嵐くん中心に見てたんだけど、7人全体を見てみたい気持ちも今はある(TT)

「いつからだろう 掛け違えた気持ち二つ まだ間に合う? なんてね」

顕嵐くんのソロパート、すっごくよかった(TT)

甘い歌声…。顕嵐くんのお声本当に甘い。素敵な声してるよね、ほんと…。

1列に並んだ時に1番上に立った顕嵐くんに見入ってしまって…もう素敵すぎて泣きそうだった。

みんなが降りて、踊り始める中、顕嵐くん1人、ゆっくりと降りてきて…

そこが1番色っぽかった。

「この子は本当に素敵なオーラを持ってるな。」と思いました。

あとは、萩ちゃんのソロもすごく良かった!

萩ちゃんの歌い方、声質的に儚さが増す(TT)

 

 

 

9.   PSYCHO

「PSYCHO!最高!」って言うの楽しすぎる!

ダンスもかっこよかった!

「ワガママに自分を愛して」

顕嵐くんのソロ最高すぎた…。

ファルセットも綺麗でやっぱり甘くて…好きしかない…(TT)

こういう曲、らぶに似合うなぁって思いました。

 

 

 

10.   SHE! HER! HER!

和バージョン。

扇もって、しはは!するのはだめだ…。

エロいもん…(TT)

「その唇のFlavor of Love」

すごく上手だった…。この日何回「歌声素敵!」って思わせられたことか…。

ラップ?っていうかテンポ早くなるところで、上手上に立って踊る顕嵐くんの足さばきが堪らなく好きでした…。

 

 

 

11.   Otherside

さなぴギターソロから始まるのかっこよい…(TT)

顕嵐くんのソロ、低いとこ歌ってて、素敵だったなぁ。

サビでみんなで手を上に掲げて、Love-tuneポーズしたりして、一体感最高…!!!

メンバーすんごい楽しそうだったなぁ。

 

 

 

 

長くなるので分けます!

 

 

「知らない」ということ

 

 

 

 

 

最近よく思うことがある。

 

 

 

 

私は顕嵐くんの全てを知らない。

 

 

私は顕嵐担になって1年も経っていない。

知らないことの方が多い。

 

 

 

最近そこに、不安や嫌悪感を抱いている。

 

 

 

 

特に「TravisJapan」の一員であった、顕嵐くんのこと。

 

 

私は「Love-tune」である、顕嵐くんしか知らない。

 

Love-tuneに移籍したとき、顕嵐担の方、他の担当の方、それぞれが思うことを書き綴っていた。

 

 

 

なぜそんなにも熱くなり、そこにこだわるのか。

 

ありえないと思われても仕方がない。

けど、本当にそう思った。

 

彼自身が決めて選んだ道じゃないか。

応援してあげなければ。否定してはいけはい。

 

そう思ったけど、

私には分からないことがたくさんたくさんあるということ。

あったということ。

それを知っているからこそ、みんなはああなるんだ。

……気づいた時にはもう辛くて仕方がなかった。

 

 

昔から顕嵐くんを見ていられた方はきっととんでもない思いだったんだろうな。

今でこそ、やっと理解し始めてきた。

でも、正直分からない。

 

 

 

「ダンスが変わった」

「笑顔が減った」

「トラジャに居た時の方が素」

 

他にももっとある。

こんな言葉ばかり見てきた。

 

 

その意見を否定する訳じゃない。

でも「確かに」と納得出来ない自分がいる。

私は変わること、進化することは決して悪いことではないと思う。

でもそれは知らないから言えることなのかもしれない。

 

昔から見ていたら、そうは言えなかったかもしれない。

 

 

 

 

 

 

こんなに大好きなのに。

世界で1番輝いている顕嵐くんが大好きなはずなのに、

私が知らないことがあるということ。

努力して調べたとしても、分からないこともある。

 

それが本当に本当に悔しくてたまらない。

 

 

「あのときの顕嵐くんはこうだったよね」

と、言えないのが、何故だか自分の中でひっかかる。

 

 

過ぎた時間は戻せない……

だから、今は今を見て、未来で後悔しないようにしなければ…と思う。

 

 

 

 

こんな新規が顕嵐くんのことを知ってるように話していいのかな…

なんて弱気になりがちですが、書きたいので書きます。

 

 

 

 

 

 

 

求めるもの。求められるもの。

 

 

 

" 求められた答えを探すより

  求める自分を選んだ君は

  誰よりも脆く でも強いはず "

Anthem / 山下智久

 

 

 

 

顕嵐くんのカラオケの十八番だと知って、ずーっと聞いている曲。

 

すっごく素敵な歌詞。

落ち込んでる時とかよく聴いてる。

山Pさんには申し訳ないけど、脳内で顕嵐くんのお声に変換して聞いてます。

山Pさんごめんね、……(スライディング土下座)

 

 

 

素敵な歌詞の中で1番好きなのは最初に書いたあの歌詞。

 

なぜだかこの歌詞を聞くと頭の中には顕嵐くんのお顔が浮かびます。

 

 

 

 

顕嵐くんは決して完璧じゃない。

 

パフォーマンスとか容姿とかだったら、きっと否定されるより認めてもらうことの方が多いと思う。

 

でも、いろんな場面において、完璧な人はいないから、どこかかけている部分もあるわけで。

 

 

 

ダメ男彼氏のどこがいいの??

と聞かれて、

ダメなところが!かわいいの。

って自信に満ち溢れて答えるような世に言うバカップル。

他人から見たらそりゃまぁイタイし、あ??って感じだけど、

私はそれにすごい憧れがある。

 

 

 

ダメなところの一つや二つ、可愛いじゃないか。

唯一「ほんとバカだね笑」って笑って挙げられる存在。

どんなことがあってもいなくならない存在。

 

 

いろんな情報が飛び交う今、根も葉もない噂ももちろんあって、それに私達は振り回されています。

真実ではない。と分かっていたとしても、心の隅の方では言葉に表せないほどのざわめきがあります。

嫌だとか、嫌いとか、そういう事ではなくて、こうやって信じて応援していることが間違いなのではないかと考えてしまう自分が心底嫌。

 

でも、結局好き。まるっと。

 

 

きっとどんなことがあったとしても、

キラキラを振りまきながら、オーラを放ちながら、全力で、笑顔でパフォーマンスする顕嵐くんがいるということは間違いじゃないから。

 

顕嵐くんは自分がこういうことをしたら喜ばれるとか、楽しませてあげられるって言うのを分かっているような気がするから、離さないんだよね、ヲタクたちを。

 

 

 

 

 

あの歌詞の通りに顕嵐くんが生きていたとしたらって妄想すると、なんだか胸が苦しい。

 

本当のことは分からないけれど、

顕嵐くんには マイペース に生きてほしい。

 

 

自分を信じて突き進んでほしい。

 

顕嵐くんの沼

 

 

 

日々溢れて止まらない自担への気持ちを書き残す場所が欲しいなぁと思い、

誰にも内緒で始めてみました。

 

 

 

" 顕嵐くんの沼 " にどっぷり浸かってしまったのは2016年の9月頃。

 

その前私は " ハロヲタ "というものをやっておりまして…実力主義と言われるハロプロが大好きでした。

 

そんなハロヲタな私がなんで顕嵐くんの沼へと……

いつも仲良くしていたお友達がいわゆる

" Jr.担 " というお方で、いろいろお話していくうちに気づいたらって感じで……

まぁどこにでも転がってるような話ですが。

 

でも最初から顕嵐くんに目がいったわけではないのです。

 

 

 

ある日たまたま見た「スカッとジャパン」という番組の「胸キュンスカッと」というコーナーで

「すんごい透明感のある綺麗なお顔だなぁ~。ん?なになに?Jr.?おぉ~、じゃ○○に聞いてみるか!」ってな軽~い感じでお友達の○○に「この前スカッとに出てたJr.の子知ってる??」って聞いたのが、

まず、ジャニーズへの第一歩。

 

その「透明感のある綺麗なお顔」の持ち主は長妻怜央くんでした。

 

 

それから、れおれお←の画像収集やら、動画を見るやら…

元々ヲタク基質があったもんで勉強なんか二の次で調べまくりました。

 

 

そうこうしていると、なにやられおれおは「Love-tune」というJr.のユニットに加入したらしいということで、

YouTubeで「Love-tune」という名前を検索し、出てきた「FIRE BEAT」を見ました。

 

 

「れおれお、バク転してるし!!!

なにこれ!!すげぇ!!かっこいい!!」

 

女の子のアイドルばかり見ていたので、

男の子のアイドルにここまで心が奪われたことはなかったために、もう衝撃的すぎて。

 

ハロヲタの頃、すんごい笑顔で踊って歌う子が好きだったんです、私。

まぁ曲の雰囲気的にそれがダメなときもあるけど、基本はおすまし顔して、うふって感じよりは好きでした。

それに、前列よりも後列の子。

なんだか無性に応援したくなってしまうんですね…

いつも後ろにいる子が前に出て来て、幸せそうな顔してるときに「応援してきてよかった」って勝手に自己満足してるような、そんなヲタクでした。

ハロヲタのときに応援していた子は後列メン。グループのセンターの子は実力がちゃんとあって、誰もがみとめる " センター "で。

だから嫌いじゃなかったし、むしろ好きだったけど、やっぱり謎の抵抗があって、「推しには絶対にならないな」っていうことはずっと思ってました。

 

だから、「FIRE BEAT」でどーんっと真ん中に立って、堂々と歌う、今の自担の顕嵐くんのことは食わず嫌いしてました。

 

 

 

 

でもどこかでやっぱり「この子はすごい子なんだ」って思ってたんでしょうね…

れおれおも、もちろん好きだし、素敵な子なんですけど、気づいたら顕嵐くんのことばーっかり見て調べてたんだよなぁ。

 

 

 

いつから私は顕嵐くん担なんでしょうか。

 

正直よくわかりません。

 

れおれおに飽きたから顕嵐くん。

という訳では絶対にない。です。

 

私、推し変とかまじで嫌で、よそ見するのも、本当に嫌いでしたから。

 

なのにね…

 

センター嫌いで、人気メン嫌いな私が

あんなに華やかな子は好きにならない。

なんて思ってたのに、まんまと沼。引き釣りこまれ、もう戻れません。

 

 

 

こうして思い返してみると、れおれおを知るきっかけとなった「胸きゅんスカッと」には、顕嵐くんも出演していたんですよね…悪役だけど…。

 

 

 

 

どこが好きなの?と言われたら

全部ですって言うしかないくらい、今では顕嵐くんが大好きで仕方ないし、なんせ沼は深く底が見えないので…ね。

 

 

 

まとまらないです。

ちょっとずつ顕嵐くんへの思いをここに残したいです。

 

基本的に気持ちが重いです。

このブログだとそれが全く感じられないけどね。

 

 

いやぁ……

好きだ。阿部顕嵐くん。