何者@顕嵐くんごと

 

 

 

舞台にいたのは顕嵐くんじゃなかった。

9月帝劇以来の現場で、顕嵐くんに会いたくて行ったはずが、物足りなく感じたのはそのせいだ。

 

こんな良い方をしたら、批判しているみたいだけど、何が言いたいかと言うと、とにかく驚きが詰まった舞台だったということ。

 

 

すごく楽しかった。

それと同時に、顕嵐くんの新しい顔を見ることが出来たことがすごく嬉しかった。

裏切られた。凄い。私は凄い人を応援してるんだ、と強く思った。

 

見終わってから、席を立つのが辛いほど、圧巻の演技だった。

苦しい、助けたい、抱きしめたい、怖い。

表情がコロコロと変わって、感情が忙しかった。あのピアノの音楽は今も耳から離れない。その音楽に合わせて舞台全体を、踊り狂っていく顕嵐くんはとても怖くて、儚くて、綺麗だった。

 

 

 

 

12月6日。2回目の観劇。

なんとなくモヤッとしたままの気持ちで舞台が始まった。

けど、顕嵐くんの姿を見た瞬間、「君だと決めたことは間違ってなんかない」と強く思うことが出来た。涙が出た。

どこから何をとっても、前回よりも確実にパワーアップしている顕嵐くんがいた。

 

顕嵐くんってそういう人だと思う。

 

マイペースかもしれないけど、前に進み続ける人。

毎回会う度に、気持ちが大きくなっていくのは、顕嵐くんから魅力が溢れていくから。

 

 

正直、冷静ではいられない自分がいた。

悲しくもなければ、怒ってもなかったけど。世の中にどんどん広まっていくものにただただ悔しいと思っていた。

簡単にポイッてしたら、楽なのかもしれない。でもそんなことしないって、出来ないって思った。

 

舞台の真ん中で「ありがとうございました」と、清々しい表情で客席を見渡す顕嵐くんを知っているから。スーパースターだし。すごく輝いてくれるから。

 

顕嵐くんはこの先きっと、物凄く素敵な場所に、私たちを連れていってくれる。

そう確信したから、離れない、離れられないよ。応援していたいよ。

 

 

千秋楽で「幸せです」「人生の財産になりました」そう語る顕嵐くんの表情を見たかったな。

 

 

たくさんの人から評価されて、千秋楽を大成功で終えて、素敵な舞台だったと思う。

顕嵐くんだから、きっと、また先を見つめてるのかな、なんて勝手に思ってます。 

 

 

座長、本当にお疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

その背中を追いかけて

 

 

 

初めて顕嵐くんを見たのは去年のFIREBEAT。

 

そのとき何を思ったかはあんまり覚えていないけど、それから気になり始めたのは事実で。

 

 

大画面に映し出されて、カメラをじっと見ながら歌うその姿を見て、度肝を抜かれたような気がする。

 

 

それからは毎日名前を検索して色んな写真や動画を見たりしていた。

 

どんなものを見ても顕嵐くんは私には眩しく感じたし、遠い存在で手の届かない人なんだと思った。スターだなって。

 

 

初めて顕嵐くんを見たのは去年の11月。

 

すごく遠い距離だったけど、たくさんJr.がいる中で一番輝いて見えた。

 

 

 

ジャニーズにそもそも興味がなくて、Jr.ってなんだ?から始まったのに、そんなところからもう一年くらい経つ。

 

私なりに顕嵐くんが輝く姿を見てきたつもりで、近況や仕事に関してなど発信してくれるものには出来る限り目を通してきた。

 

 

それでも、顕嵐くんを応援出来ていなかった期間を埋めることが出来なくて辛かった。

その期間は短いようで実は長くて濃かったんだと思う。

 

ヲタク事は他人と比べるようなものではないはずなのに、くよくよしている自分に嫌気が差したことも数え切れないほどあった。

それに、まだまだ子供な考え方しか出来ない私には自分の考えを持つということは難しく感じた。

 

 

そういう気持ちも記録しておくことは大切だし

また何年後かに見返したら、違うことを感じるんじゃないかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

何故だかすごく心に残っている顕嵐くんが言った言葉がある。

 

「最高のパフォーマンスを届ける自信を持っていなければステージに上がる資格はない」

 

 

 

このまま顕嵐くんの口から出た言葉ではないかもしれないけど、読んで泣いてしまった。

応援し始めてからの短い期間で自分の目で見てきたものや感じたことは間違っていなかったんだと思ったから。

  

 

ファンに柔らかくって可愛い笑顔で手を振りながら、自分のファンを探す姿を見て、本当に暖かくて、優しい人なんだな。と思った。

 

 

今年私は初めてクリエ公演に参加した。

 

顕嵐くんがステージから降りて通路を歩き始めると、たくさん伸ばされるファンたちの手。それにゆっくりと自分の手を重ねていく姿がとても印象的だった。

後ろの通路まで行って、会場を一周してくれるのも、顕嵐くんだからなんだな。優しくて暖かい。何度も思わされた。

 

けど、堂々と自信に満ち溢れた表情でパフォーマンスをしていたのも紛れもなく同じ人で、顕嵐くんだった。

 

 

 

アイドルとして生きていく中で、どんなことを考えながら日々過ごしているのか。

それは私たちにはきっと永遠に分からない。かもしれない。

 

だからこそ誤解されてしまったり、良いように言われることも多いと思う。

 

私は絶対に顕嵐くんを否定しなくない。

どんなときも味方でいたい。

自分の目で見て、感じたことを、信じたい。

そう思うことはいけないことなのかな。

 

 

顕嵐くんがいろんなことを考えて進んでいく道を一緒に信じ続けてあげたい。

 

 

 

今のこの状況がずっと続いていくとは限らないし、いつかは薄れていく、知らない時代になるかもしれない。

けど、その「今」を、前を向いて突き進んでいるのは事実であって、嘘じゃない。

 

だから、「今」を顕嵐くんがこの先どんな場所にいても、どうなっても後悔のないように、大切に大切にしたい。

 

どんなところにいてもきっとブレない部分があって、自分の世界を持って突き進んでいてくれると思うから。

そんな顕嵐くんが愛おしくて、大好きだから。 

 

 

______________________________

 

 

顕嵐くんにとって、19歳はどんな年でしたか?

いろんなことが変わって、辛いこともあったよね。

でも顕嵐くんはやっぱりいつだって輝いていたと思う。眩しいくらいに!

 

 

そんな自分の力をどこまでも信じている顕嵐くんを私も信じています。

 

ほわほわしてて、優しくて、暖かくて、格好良くて、可愛い、顕嵐くんが大好きです。

 

20歳のお誕生日本当におめでとうございます!!!

 

 

魔法のおすそわけ

 

 

 

魔女の宅急便、東京初日からもう1ヶ月以上経ってしまいました。

 

 

しっかり書かなきゃ。

ちゃんと残しておかなきゃ。

 

って思ってたんですけど、如何せん文脈というものがないので、思ったことをどのように文にしたらいいのやら…とずっと考えていた結果です。

 

文にするのも分からないし、

正直自分が何を感じたのかもはっきりしてない…

 

 

でも残しておかないわけにはいかないので、頑張って書きますよ!!!

 

 

 

 

_____________

 

 

 

 

「誰の中にも魔法はある」

 

 

2017年2月10日。

起きてすぐいつものようにTwitterを見たら

 

「ミュージカル 魔女の宅急便 トンボ役

阿部顕嵐

 

 

めちゃめちゃ泣いた。

 

 

 

私が顕嵐くんを好きになって、初めての個人でのお仕事で嬉しくて嬉しくてめっちゃ泣いたのを覚えてる。

 

この日の二日前が私の誕生日でして、「これは…!」と勝手に舞い上がっておりました。

 

 

 

久しぶりの演技のお仕事。

 

かつ、ミュージカル。

 

 

「ミュージカルって演技もするし、歌うよね…

顕嵐くん大丈夫…」

 

 

せっかくこんなに素敵なお仕事が決まったのに、そんなことばかり考えてしまっていました。

 

そこからの4ヶ月の間、顕嵐くんはアイドルとしてたくさんのお仕事があって、それをしっかりとこなしていて…

それは当たり前のことなんだけど、MCで

「舞台のことは色々考え込むから、あまり考えないようにしてる。」

そう言っていたって知った時、私達には全く分からないところに顕嵐くんはいるんだ。ってずっしりと心が重くなりました。

 

 

 

でも顕嵐くんって凄い人だから。

 

 

 

自分の中で感じていたそういうものも、良い意味で自分で解消していくんだろうなって。

 

 

 

 

 

そして迎えた6月1日、初日。

 

 

私は初日には行けなかったので、お家で待機。

 

グッズの情報や、会場の雰囲気をTwitterで見て、心がぽかぽかして。

 

顕嵐くんに送られたたくさんの素敵なお花。

それにも嬉しくなって、素敵だなって思ったりして…

 

この日を私達ファンや、カンパニーのみなさん、顕嵐くんは心待ちにしてたんだって。

 

そう感じられただけで胸がいっぱいになりそうだった。

 

 

 

 

テレビで公開稽古の映像を見ることができて…

 

そこに顕嵐くんはいなくて、代わりにちょっとお茶目で可愛らしいトンボがいて。

 

正直そのときに一番に何を感じたかは覚えてなけど

でも確かに感じたのは、「凄い」ってことで。

 

 

この前見た時には、髪が白に近い金髪でお肌が真っ白で甘い歌声で目線かっさらうダンスで客席のことを確かな目で真っ直ぐ見つめてくれる、そんな君だったのに、

あ、違うって思って。どれだけ努力したんだろうって思って。

 

ほんの数秒でこんなこと思ったんだから、本当の舞台を見てしまったら私はどうなるんだろうと。

 

 

 

 

一人で見に行った3日の夜公演。

 

私、緊張するとお腹痛くなるんですよ。(突然)

もうその日は散々で(笑)

でも、それだけ緊張してるんだ、私。ってなんだか笑えてきちゃって。

 

客席につけばたくさんのお客さんがいて

こんなにたくさんの人に期待されてる舞台なんだなって思って。 

 

ちゃんと見届けよう。その一心で初めて見た、「魔女の宅急便」は相当胸にくるものがあって、感動してしまって。

 

「トンボを演じる顕嵐くん」を見に来たつもりだったけど、一つの舞台にいつの間にか惹き込まれてました。

 

なんて素敵できらきらしている舞台なんだろう。

 

 

舞台上で息をして、言葉を口にする顕嵐くんはいつだってトンボさんに間違いなくて、途中寂しくなってしまったくらい。

 

盲目ヲタがなに言ってるんだって言われてもいい。

でも本当にそう感じたんだよ。

 

 

 

素敵なステップで楽しそうに歌うのも、

切ない表情で心の内を語るのも、

夢を叶えてきらきら輝いているのも、

 

かわいいトンボさん。

 

 

そう思えたからこそ、涙が出た。

 

 

だからこそ、トンボさんと顕嵐くんを重ねて見てしまった。

 

最後にキキに助けられながら、空を飛ぶシーン。

 

 

「僕…飛んでるんだ…」

 

 

夢を叶えてあんなにきらきらした表情で目を輝かせ、嬉しそうなトンボさん。

 

 

 

顕嵐くんにもいつかそうなって欲しい。

 

 

自分の手で、時にはトンボさんとキキのように助け合いながら、周りの暖かい人たちに見守られて、夢を掴んでほしい。

そう強く思った。

 

 

 

この舞台を見ての色んな人のたくさんの意見があるけれど、それを批判することはしない。

 

 

 でも、やっぱり盲目ヲタっぽいことを言うと、

トンボさんを演じたのが顕嵐くんだったから、私はすごく感動したのです。

 

 

未知の世界、やったことのないこと、出来ない事。

そういうものに立ち向かって、努力して、「自分が一番だ」と思いながら、胸を張って舞台に立つ。

 

f:id:yumehirari:20170710094545j:image

 

 

「最高のパフォーマンスを届けるという自信を持っていなければステージに立つ資格はない」

 

 

そう言い切る顕嵐くんです。

 

本人もたくさんたくさん考えて、時には苦しんで落ち込んだこともあったと思います。

 

でも、そこにも葛藤しながら立ち向かう顕嵐くんがいたんです。きっと。

 

 

だから私はこの舞台に拍手を送りたいし、

「俳優・阿部顕嵐」にも素敵でした、と拍手を送りたい。

 

 

 

 

私の隣に座っていたお姉さんも泣いてました。

 

何なら見終わってカテコも終わって帰るときも泣いている方も見ました。

 

沢山の人の心に響いたのは確かな事実。

 

顕嵐くんが舞台上で輝いていたのも紛れもない事実です。

 

 

千秋楽の挨拶、

 「大阪公演では当たり前に、僕たちが成長した姿を皆さんにお届けします!」

 

そう言い切る顕嵐くんはもう前を向いています。

 

 

いつだって前を向いている顕嵐くん。

そんな君がトンボを演じるのは運命だよね。

 

 

顕嵐くんのことが大好き!

 

改めてそう感じることが出来ました。

 

魔女の宅急便東京公演、本当にお疲れ様でした!

 

 

 

【追記】


カテコのときに出てきたのは
顕嵐くんだったなぁ〜…


トンボさんはかっこいいんだけど、どこかダサくて、グイグイくるけど、オドオドしてる感じあって。
でも出てきて、メガネくいって下げてニコッと笑ってたのは顕嵐くんでした。(みんな言ってると思うけど)

 

多分、顕嵐くんを知らないでトンボさんを見た方は普段アイドルしてる顕嵐くんを見たらビックリするんだろうなぁ。全然違うから。